• 今日19/9
  • 明日19/8
文字サイズ

冬のくらしを支える助成(雪下ろし助成、間口除雪助成)

6/35

北海道岩見沢市

市は、雪の処理を自力で行うことが難しい高齢者や障がい者世帯に対して、平成24年度から屋根の雪下ろし費用の一部を助成しています。今年度から、より多くの方に利用してもらえるように、対象年齢を75歳以上から〝70歳以上〞に引き下げ、新たに、〝間口の置き雪除雪の費用の一部を助成〞することとしました。
今月号は、冬のくらしを支援する二つの助成制度を紹介します。


具体例:市内に住所を有し、一戸建て住宅に居住の、市民税が非課税または均等割のみ課税されている
対象:
・75歳と70歳の夫婦
・75歳と68歳と45歳(身体障害者手帳を所持)の3人世帯
対象外:
・75歳と68歳の夫婦
・75歳と45歳の親子
・75歳と70歳と45歳の3人世帯

●制度の利用の流れ
申請受付窓口:
・市役所本庁高齢介護課
・北村・栗沢両支所
・幌向・朝日・美流渡・有明交流プラザの各サービスセンター

(1)事前登録 9月3日(月)受付開始
除雪事業者に作業を頼む前に、事前登録が必要です。
登録方法:申請受付窓口に備え付け、または市ホームページからダウンロードした利用者登録申請書兼同意書を提出
※代理の方が手続きをすることもできます。委任状が必要です。
持ち物:印鑑

(2)市が内容を審査し、利用者として登録
利用者登録決定通知書、届出事業者の一覧、助成金の申請用紙が届きます。
※届出事業者の一覧、交付申請書兼請求書は、市ホームページでもダウンロードできます。

(3)届出事業者と除雪の契約
届出事業者と雪下ろしまたは間口除雪の契約を取り交わします。
※事業者によっては、申込多数などで受け付けできない場合があります。

(4)雪下ろし作業や間口除雪作業を実施、支払い
作業完了後、届出事業者に作業代金を支払ってください。届出事業者より〝作業前後の現場写真〟や〝領収書〟などが渡されます。

(5)助成金の申請 平成31年3月29日(金)まで
作業および支払い完了後、助成金の申請をしてください。
申請方法:〝交付申請書兼請求書〟に振込先など必要事項を記入のうえ、次の書類を添付し、申請受付窓口に提出
必要なもの:
・印鑑
・請書または契約書のコピー
・領収書のコピー
・作業前後の現場写真
※代理の方が手続きをすることもできます。委任状が必要です。

(6)市が内容を審査し、助成金の交付決定、助成金の交付
交付決定兼額の確定通知書が届き、指定した振込先に助成金が振り込まれます。

事業者も事前に届出が必要です
雪下ろし助成、間口除雪助成の対象となる作業を行うには、事前に届出が必要です。
届出期間:9月3日(月)からシーズン終了まで
要件・届出方法:市ホームページでご確認ください
届出先:岩見沢土木事業協同組合(7西2)
【電話】22局2738

問合先:市高齢介護課

       

岩見沢市発行の広報いわみざわです。市民の皆さんへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの岩見沢ー

MENU