• 今日19/9
  • 明日19/8
文字サイズ

スプレー缶、カセットボンベは危険ごみ

25/30

北海道岩見沢市

スプレー缶とカセットボンベの処理を誤ると、火災などを引き起こす可能性があり、大変危険です。
適切な方法で、ごみステーションに出しましょう。

燃やせないごみで出されたスプレー缶

火災になる恐れが…
燃やせないごみに入っていたスプレー缶が原因とみられるパッカー車の火災(平成30年9月)

●安全な処理をして
必ず風通しの良い火気のない屋外で
中身を使い切る(出し切る)、穴を開けない
・ガス抜きキャップを使用する
・シューという音がしなくなるまで新聞紙に噴射するなど
※メーカーや製造事業所団体などの指示する方法で作業してください。

●正しい分別・収集日に
月1回の〝危険ごみの日〟に
・スプレー缶とカセットボンベだけを透明・半透明の袋に入れる(指定の袋はありません)
・収集日の午前8時30分までに、ごみステーションに出す

(よくある間違い)
×燃やせるごみ、燃やせないごみとして出している
×缶としてリサイクルステーションに出している

危険ごみの日:

●使い切ることができないときは
・〝中身が入っている〟ことを袋に明記して、月1回の〝危険ごみの日〟に、ごみステーションへ
・市廃棄物対策課、北村・栗沢両支所の市民福祉課、幌向・朝日・美流渡の各サービスセンター、クリーンエコ(3西4)へ

問合先:市廃棄物対策課

       

岩見沢市発行の広報いわみざわです。市民の皆さんへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの岩見沢ー

MENU