• 今日6/-2
  • 明日7/1
文字サイズ

新型コロナに負けない

1/29

北海道岩見沢市

■相談窓口の一本化
これまでの帰国者・接触者相談センターと、感染症に関する一般相談を一本化し、北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターが開設されました。
新型コロナウイルスに関する相談は、こちらへ電話してください。

北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター
(フリーコール)【電話】0800-222-0018(24時間)

問合先:健康づくり推進課(4西3であえーる岩見沢3階)
【電話】25-5540

■続けよう!新北海道スタイル+2
新北海道スタイルは、新型コロナウイルスとの闘いが長期化している中、国が示した〝新しい生活様式〟の北海道内での実践に向けた、新しいライフスタイルやビジネススタイルです。
感染状況に関わらず、新北海道スタイルの実践を継続し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止しましょう。

◆2つの追加
これまでの感染拡大防止の取り組みは継続し、さらに次の項目が追加となりました。
・いまは、小声で
・北海道コロナ通知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう
〝新北海道スタイル+2〟の徹底をお願いします。

□新北海道スタイル
・いまは、きょりをとって(2m)
・咳エチケット・3つの「密」をさけよう(密閉・密接・密集)
・オンラインを上手に使おう
・手を洗おう・換気をしよう
・テイクアウトやデリバリーも
+
(NEW)
・いまは、小声で
・北海道コロナ通知システムと接触確認アプリ(COCOA)を活用しよう

問合先:健康づくり推進課(4西3であえーる岩見沢3階)
【電話】25-5540

■市立総合病院を受診の際は
市立総合病院(9西7)では、次の取り組みを行っています。市立総合病院を受診の際には、ご協力をお願いします。

◆入口での検温
本館正面玄関と新棟玄関(透析患者専用)で、検温システム(サーモグラフィーカメラ)による検温を実施しています。
※市立栗沢病院(栗沢町南本町30)、市民健康センター(8西7)でも実施しています。

◆出入口の制限
出入口は、本館正面玄関と新棟玄関(透析患者専用)に制限しています。

◆マスク着用と手指消毒の徹底
院内感染防止のため、来院の際は必ずマスクを着用し、消毒用アルコールによる手指消毒の徹底をお願いします。

◆発熱がある方は
□発熱ブース
院内感染対策のため、検温で発熱が確認された方や咳(せき)などの症状がある方は、待合室に設置した発熱ブースで問診を受けた後に診察していただきます。

□発熱外来
本館西側駐車場に、〝発熱外来〟の診察室と待合室を整備し、11月2日(月)から小児科の患者の診察を実施します。小児科以外の患者は、インフルエンザなどの流行状況を見ながら実施時期を決定します。
発熱外来は、外部に空気がもれないよう室内を陰圧※に保ち、抗ウイルスHEPAフィルター内蔵の換気装置を備えています。
※室内の空気や空気感染する可能性のある細菌が外部に流出しないように、気圧を低くしてある状態。

問合先:市立総合病院管理課(9西7)
【電話】22-1650

■忘れずに
◆市民の皆さんへ
□地元応援クーポン券の使用は11月30日(月)まで
地元応援クーポン券は、皆さんに市内で買い物などをしていただき、地域の経済活動を促進させるため、1世帯1セット発行しています。
クーポン券は使いましたか?まだ、お手元にありましたら、早めに使用してください。
対象:7月1日時点で岩見沢市の住民基本台帳に登録のある世帯(転入した世帯は、11月15日(日)までの届け出が有効)

問合先:商工労政課

注意事項:クーポン券は、税込み500円の取り引きごとに1枚(200円)利用できます

◆事業者の皆さんへ
□各種給付金・補助金の申請に漏れはありませんか?
新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者への支援を国、北海道、市で実施しています。各問合先にご確認ください。

       

岩見沢市発行の広報いわみざわです。市民の皆さんへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの岩見沢ー

MENU