• 今日-1/-13
  • 明日-2/-15
文字サイズ

雪との付き合い方1

5/28

北海道岩見沢市

スキーやスノーボードなど、ウインタースポーツが好きな方には待ちに待った季節になりました。
しかし、毎日の雪かきや道路状況の悪化など、日常生活では厄介な雪。
今月号は、冬を安全で快適に過ごすことができるよう、市民の皆さんにご理解、ご協力いただきたいことなどをお知らせします。

■国道・道道の除雪の問合先
[国道]北海道開発局札幌開発建設部 岩見沢道路事務所(日の出北2)【電話】22-4000
道路緊急ダイヤル #9910
[道道]空知総合振興局札幌建設管理部 岩見沢出張所(上幌向南1-2)【電話】26-3011

■守ってください
皆さん一人一人が、ルールやマナーを守ることが、雪との上手な付き合いにつながります。

◆置き雪は自分で処理
除雪は、道路の両側にかき分ける方法で行っており、どうしても家の前に雪が残ってしまいます。この置き雪は、皆さんで処理するようご協力をお願いします。

◆道路へ雪を出さない
敷地内の雪は、絶対に道路に出さないでください。通行や除排雪作業の妨げになります。道路に出した雪は、隣近所への置き雪にもなり大変迷惑です。

◆路上駐車は厳禁
道路に駐車車両があると、除排雪作業ができません。救急車などの緊急車両の通行の妨げになり、近隣の皆さんの迷惑にもなります。路上駐車は絶対にやめましょう。

■知ってください
毎年、除排雪対策本部に、多くのご意見・ご質問が寄せられます。その中でもよくある質問にお答えします。

◆雪が積もっているのに除雪されていない
除雪をした後に大量の雪が降ると、除雪をしていないように見える場合があります。その場合は、基本的に交通量の少ない深夜から作業を行います。

◆家の前の置き雪が多い
除雪作業は、道路から近い車庫や塀などの破損を避けるため、走行位置を調整しながら行います。しかし、除雪車両は大きいため、細かい調整ができず、置き雪の量に差が出ることがあります。間口を広くあけている場合に、置き雪が多くなる傾向があります。

◆昼間に排雪作業をする
市道は、住宅地が多く、排雪専用の雪堆積場も住宅地近郊にあり、騒音に配慮するため、排雪作業を原則昼間に行います。

◆家の前の道路が排雪されない
市が行う排雪は、限られた予算の中で行うため、バス路線などの主要幹線道路を対象にしており、生活道路まで排雪することができません。生活道路の排雪は、地域自主排雪支援制度の利用をご検討ください。

□地域自主排雪支援制度
町会・自治会が、自主的に地域内の生活道路の排雪を行う場合に、次の除雪機械および人員の派遣とその費用の一部を支援します。
・大型ロータリー除雪車1台
・除雪ドーザ2台
・交通誘導警備員3人
なお、雪を運搬するためのダンプトラックに要する費用は、町会・自治会の負担となります。利用方法など、詳しくはお問い合わせください。

問合先:除排雪対策本部

◆高齢で除雪できる人がいない
自力で除排雪が困難な高齢者世帯などの日常生活の安全確保のため、町会・自治会などの地域ボランティアによる除排雪支援活動を行っています。詳しくは、岩見沢市社会福祉協議会(11西3【電話】22-2960)または高齢介護課にお問い合わせください。

□除雪ボランティアに参加を
高齢者世帯などへの除雪支援を行う、除雪ボランティアを募集しています。冬期間の安全・安心な市民生活を確保するため、ボランティアの事前登録に皆さんのご協力をお願いします。
なお、活動内容など、詳しくは岩見沢市社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

申込・問合先:岩見沢市社会福祉協議会(11西3)
【電話】22-2960

問合先:除排雪対策本部
【電話】22-8400

       

岩見沢市発行の広報いわみざわです。市民の皆さんへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの岩見沢ー

MENU