• 今日6/-2
  • 明日7/1
文字サイズ

ストップ!不法投棄

4/37

北海道岩見沢市
記事本文を読み上げる

■不法投棄は犯罪です
不法投棄とは、みだりにものを捨てることを言います。〝家電や大型ごみを山林や道路などに捨てること〟といったイメージが強いですが、〝ポイ捨て〟や〝指定ごみ袋を使わずにごみを出すこと〟なども不法投棄に含まれます。

□実際にあった不法投棄の例
・中身が入ったまま道端に捨てられた〝ペットボトル〟
→中身を空にして、ペットボトルとキャップ・ラベルを分け、ペットボトルはリサイクルステーションなどへ、キャップ・ラベルはプラスチック製容器包装へ
・道端に捨てられた〝洗濯機〟
→家電リサイクル券を購入し、指定引取場所に出す
・分別されずダンボール箱に入れて道端に捨てられた〝燃やせるごみ〟など
→分別して指定ごみ袋や透明・半透明の袋に入れ、ごみステーションに出す
市は、町会・自治会などと連携した啓発のぼりの設置や職員によるパトロール、郵便局やタクシー会社などの協力による監視・連絡体制の強化など、不法投棄の防止や早期発見に努めています。
また、不法投棄は犯罪であることから、警察と連携して投棄した者への対応を進めており、不適正な処理を繰り返さないよう協力し指導しています。

□家電4品目の不法投棄物処理状況

家電4品目の不法投棄の件数は、近年再び増加傾向にあります

□不法投棄の罰則
5年以下の懲役もしくは1,000万円以下(法人の場合は3億円以下)の罰金またはその両方

■10月は北海道の廃棄物適正処理推進月間です
□不法投棄をさせないために
土地の所有者や管理者は、立ち入りができないようにロープを張ったり、看板を設置したりして、不法投棄の被害に遭わないようにしましょう。

□不法投棄を発見したら
不法投棄は、発生から時間がたつにつれて原状回復が難しくなるため、早期発見・早期対応が重要です。
不法投棄と思われるものを発見した場合は、触らずに廃棄物対策課まで連絡をお願いします。市ホームページの不法投棄通報フォームから連絡することもできます。
産業廃棄物は、産廃110番もご利用ください。
・産廃110番フリーダイヤル:【電話】0120-53-8124(ごみハイ通報)
(北海道庁循環型社会推進課)

問合先:廃棄物対策課

       

岩見沢市発行の広報いわみざわです。市民の皆さんへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの岩見沢ー

MENU