• 今日24/16
  • 明日20/18
文字サイズ

ごみステーションで充電池収集、始めます

5/37

北海道岩見沢市
記事本文を読み上げる

令和4年10月から
ごみの収集や処理には危険が潜んでおり、特に〝充電池〟は火災の原因となりやすく、他のごみに混入すると大きな事故に発展することがあります。充電池はこれまで、家電量販店やホームセンターなどの回収実施店舗、クリーンエコなどで回収していましたが、ごみステーションからの収集も始めます。

■いつから収集するの?
10月から収集を開始します。それ以前にごみステーションに出しても収集しません。

■分別の区分は?
危険ごみとして収集します。他品目と混同していると収集しません。

■危険ごみの出し方
品目ごとに分け、透明または半透明の袋に入れて出してください。

■再確認!電池の処分方法

□出す前に必ず絶縁処理を!
金属端子部分が露出した物は発熱や発火の恐れがあるので、ビニールテープなどで絶縁してから出してください。

□回収できないものも!
車用バッテリーや鉛蓄電池は回収できません。販売店や処理業者に相談してください。
詳しいごみの分別方法や収集日は、市ホームページをご覧ください
ID:4691

問合先:廃棄物対策課
【電話】35-4395

       

岩見沢市発行の広報いわみざわです。市民の皆さんへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス ーわたしの岩見沢ー

MENU